韓国ソウルビジネスホテル - ビウォンゲストハウス 韓国ゲストハウス ソウルゲストハウス 韓国民宿 ソウル民宿 韓国バックパッカー ソウルバックパッカー
ビウォンゲストハウス
秘苑ゲストハウス
BEEWON GUEST HOUSE
アクセス:82-2-765-0670
韓国ゲストハウス
ソウルゲストハウス
韓国民宿
ソウル民宿
韓国ソウルの見所
宮殿/遺跡
遊園地
スポット
景福宮(キョンボックン)はソウルの五大宮の一つで、朝鮮王朝(1392-1910)の正宮として500年の歴史があります。この宮は朝鮮の創始者である「太祖・李成桂 (在位1392-1398)」が高麗の首都を移転した際、新しい王朝の宮殿として1395年に建てられたもの。ソウルの北にあるので「北闕」とも呼ばれています。

景福宮は15万坪に達する広い敷地に長方形に作られ、南側には正門である光化門、東側には建春門、西側には迎秋門、北側には神武門があります。宮内には勤政殿をはじめ、交泰殿、慈慶殿、慶会楼、香遠亭などの殿閣があります。景福宮の正殿である勤政殿は公式的な儀式を行い、官僚たちの朝礼が行われていたところです。

景福宮内には文化財もたくさんあります。全国各地に散らばっていたものを移してきた、敬天寺十層石塔(国宝第86号)、法泉寺智光国師玄妙塔(国宝第101号)などの国宝物や、自動時計を設置した報漏閣、天上時計と自動水時計を設置した欽敬閣などがあります。

勤政殿の花崗岩を敷き詰めた庭には、道が通っています。道の真ん中は若干高く広いのですが、この道は王様が通る道でした。その両側の若干低い道は、文武官僚が通った道です。

景福宮は1910年に日韓併合が締結されると、日本帝国の総督府を建てるために景福宮南側の殿閣を全て撤去して総督府庁舎を建てました。今はこれを再び撤去し、景福宮復元工事を進めています。

   ビウォンゲストハウス
   韓国ソウルの趣が感じられる韓国の民宿

   韓国 ソウル市 鐘路区雲泥洞 28−2

   
TEL : 82-2-765-0670    FAX : 82-2-765-0677    E-mail : webmaste@beewonguesthouse.com

                                                                                        Copyrights 2004 BEEWON GUEST HOUSE All Rights Reserved.